知らないと恥をかく一般常識の壁

初心者のPC入門!ホットスワップってなに?


『 ホットスワップについて理解してみよう 』


前回の RAID ( 応用編 ) の記事では


ホットスワップ


について少し触れました。

便利な機能なのですが、どういったものなのかわからない方も多いと思います。 ← 私


そこで今回は、この ホットスワップ について詳しく見ていきましょう。( 最終更新:2016年9月 )


ホットスワップ ってなに?


ホットスワップ ( Hot Swap ) とは、


コンピュータ や サーバ などのシステムの電源を入れたまま、パーツ や ケーブル、あるいは 外部機器 などを交換する操作


のことを言います。

つまり、通電 したまま一部の部品を着脱できるということですね。


通常、通電 した状態で 電気回路 の配線を突然切り離すと故障の原因になります。

そのため、システムに 外部機器 などを接続する際は、一旦 システムの電源を切り、外部機器 を接続して、再起動 させなければなりません。

でも、これだと 手間 がかかりますよね。。


そこで、物理的に取り外す前に 電気信号 の配線を切り離すことで、電源を切らずに脱着できるようにしたわけです。

この 電源 を切らずに脱着する操作のことを


ホットスワップ ( Hot Swap )


と言います。別の言い方では、


活線挿抜 ( かっせんそうばつ )


とも呼ばれます。

あるいは、システム に電気が流れた状態でパーツを装着することを


ホットプラグ


と言いますが、これも ホットスワップ と同じ意味で使われることもあります。

では、どのようなものが ホットスワップ に対応していると思いますか?


次は、これについて見ていきましょう。


どんなものに使われているの?


もともとは、電源 を落とすことのない コンピュータ などのために生まれた技術なのですが、家庭 で使う


パソコン や 周辺機器


でも使われています。

たとえば、USB メモリ や プリンタ、外付けハードディスク などを差し込む


USB 端子 や USB ケーブル


がそうですね。この他にも


  • SATA
  • PC カード
  • IEEE1394


など、パソコンを 再起動 しなくても使えるものはホットスワップ 対応となっています。また、


  • RAID
  • サーバ
  • 大型コンピュータ


などにも使われていることが多いです。

たとえば、インターネットの ショッピングサイト は 24 時間、誰が アクセス しても見れるようにしておく必要がありますよね。

もし、ハードディスク など一部の部品が壊れたときに、システムを 停止 させなければ交換できないようでは困ります。

そのため、こうした企業が使っている サーバ なども、ホットスワップ 対応 のものが多いと考えられます。


また、RAID でも同様に ホットスワップ 対応 のものもであれば、電源を切らずに 故障 した ハードウェア を交換できます。

RAIDについて良くわからない方は




で わかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


ホットスワップ についてはこんな感じです。

ちょっと専門的な知識のように感じますが、知っておくと 外付け HDD などを選ぶ際に この言葉が出てきても戸惑うこともないと思います。

参考にしてください。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク