初心者のPC入門!ホットスペアってなに?


『 ホットスペアについて理解してみよう 』


以前 書いた RAID ( 応用編 ) の記事では


ホットスペア


について少し触れました。

ホットスワップ と同様に便利な機能なのですが、どういったものなのか わからない方も多いと思います。 ← 私 ( ホットスワップってなに?


そこで今回は、この ホットスペア について詳しく見ていきましょう。( 最終更新:2016年9月 )


ホットスペアってなに?


ホットスペア とは、


コンピュータの故障に備えて、全く同じ状態のコンピュータを通電状態で 待機 させておくこと


です。

つまり、予備として もう一台同じものを電源を入れた状態で準備しておいて、障害が発生した時は すぐに引き継げるようにしておくわけですね。

この予備の機器や、待機させておくことを


ホットスペア ( Hot-Spare )


と言います。あるいは、


ホット・スタンバイ とか オンライン・スタンバイ


とも呼ばれます。

以前、RAID で説明した ミラーリング と同じですね。

万一、障害が発生した時は、この予備の機器が自動で引き継ぐようにしておくことで、システム の 信頼性 を高めることができます。


これとは逆に、通電 していない状態で待機させているものを


コールドスペア ( コールドスタンバイ )


と言います。

休止させておおくことで コスト は抑えられますが、復旧するのに時間がかかったり、信頼性も低くなるなどのデメリットがあります。


ホットスペア についてはこんな感じです。参考にしてください。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク