知らないと恥をかく一般常識の壁

PCの基本!HDDとSSDの性能の違いと選び方は?


『 PC 購入の際は、ハードディスクを賢く選んでみよう 』


パソコンを購入する際はに いくつかのポイントを押さえて選ぶことになりますが、その 一つ が


ハードディスク ドライブ ( HDD ) の性能


です。

数字を見れば大まかなことは わかるかもしれませんが、細かい点まできちんと把握しておくと あなたに合った HDD を、もっとスムーズに選べるようになると思います。

そこで今回は、HDD の選び方についてまとめました。

少し長いですが、最後まで読んでいただけると一通り理解できると思います。

それでは、早速 見ていきましょう。( 最終更新:2016年9月 )


HDD ってなに?


以前 『 スペック構成 を考えてみよう 』 でも少し説明しましたが、ハード・ディスク・ドライブ ( HDD ) とは


本 棚


のようなものです。

Word や Excel、画像、動画 など、パソコンで使う いろいろなデータはこの本棚にしまって、必要なときに取り出して使っているわけですね。

この本棚の大きさを表すのが、500 GB とか 1 TB といった表記になります。

ちなみに、


1 TB = 1000 GB ( 厳密には 1 TB = 1024 GB )


です。

容量が大きくなればなるほど本棚も大きくなるので、たくさんの データ を収納することができるようになります。

つまり、HDD とはデータの 記憶装置 のことで、どれだけたくさんのデータを記憶できるのかを この数字が表しているというわけです。


なので、選ぶ際はこの大きさを確認して判断することになるのですが、この他にも注意すべき点が いくつかあります。

次は、この点について見ていきましょう。


HDD を選ぶ際に注意すべきことは?


HDD を選ぶ際に注意して確認しなければならないのが以下の 3 つ です。


  1. 容 量
  2. 回 転 数
  3. 規 格


容量については前述で説明したので、残り 2 つ について詳しく見ていきましょう。


2.回転数 を確認してみよう


パソコンを購入する際に HDD の詳細を確認すると


rpm ( アールピーエム )


という単位を目にすることもあると思います。

「 5400 rpm 」 「 7200 rpm 」 「 10000 rpm 」などと記載されるのですが、これは


  • revolution per minute ( 回毎分 )
  • rotation per minute ( 回転毎分 )


の略で、HDD が 1 分間 にどれくらい回転するのかを表す単位です。


ハードディスクドライブ の仕組みは、


磁気ディスク ( プラッタ / プラッター )


と呼ばれる ガラス や アルミ でできた円盤状の情報媒体がくるんくるん回っていて、その上を


磁気ヘッド ( スイングアーム )


と呼ばれるものが移動して情報の読み書きを行います。

わかりにくい方は、昔懐かしの LP レコードプレイヤー をイメージしてみるといいかもしれません。

ターンテーブルの上に乗ったレコードが 磁気ディスク で、針のついたトーンアームが 磁気ヘッド ですね。

CD や DVD も円盤状で くるくる回りながらデータの読み込みを行いますが、これをイメージしても良いと思います。


話を元に戻すと、HDD は 回転 が速くなればなるほどデータを読み書きする速度も速くなります。

つまり、本棚からデータを取り出したり、しまったりするスピードが速くなるわけですね。

大容量の HDD を搭載していて、動画など大き目のデータを使うことが多いのであれば、回転数 が大きい方が多少は快適に感じるかもしれませんが、驚くほど違うのかというと そうとは言えません。

もし、あなたが大容量データを頻繁に扱うことがないのであれば、数字の低いものを選んで費用を抑えた方が賢明だと思います。


では次に、規格 について見てみましょう。


3.規格 を確認してみよう


これはあまり気にする必要はありませんが、HDD には規格があります。

わかりやすく言うと HDD の


接 続 方 法


に種類があるわけですね。

たとえば、日本のコンセントは 2 口 ですが、アメリカだと 3 口 のものもあります。

同様に HDD にも差し込み口の違いがあって、これがパソコン本体に接続する際に関係してくるわけです。

この規格には以下の 2 種類 があり、それぞれ


  1. SATA (シリアルエーティーエー / サタ / セイタ )
  2. IDE ( Ultra ATA / U-ATA )


と呼ばれています。


ちなみに、シリアル ATA は 「 電源ケーブル 」 と 「 L 字形 の信号ケーブル 」 の 2 つ の差し込み口があります。

一方、IDE は 4 本 のピンの並んだ 「 電源ケーブル 」 と、40 本 ほどのピンが並んだ「 信号ケーブル 」、そしてこれらの間に 「 ジャンパピン 」 と呼ばれる差し込み口があります。


どちらが広く普及しているのかというと、性能 も 価格 も優れている シリアル ATA です。IDE は古いタイプなので最近はあまり見かけることはありません。

なので、HDD の規格で Serial ATA ( SATA ) という文字を見たときは


「 性能の優れた方の規格だ 」


と把握できる程度の理解で問題ありません。

ちなみに、規格が違うと データ転送量 が変わってきます。つまり、シリアル ATA の方が 転送速度 が速いということですね。


HDD を選ぶ際には上の 3 つ のポイントを押さえておく必要がありますが、具体的にどのように選んだらいいのかわからない方も多いと思います。

そこで、選び方について見ていきましょう。


どうやって HDD を選べばいいの?


HDD を選ぶ際は主に


容 量 と 回 転 数


の 2 つ を確認して自分に合ったものを選んでいくことになるのですが、個人的には 大容量 のものを選ぶよりも 最小限 の容量のものを選ぶようにして、必要に合わせて 外付け HDD などで補う使い方が良いと考えています。


 な ん で ?


パソコンそのものが壊れてしまったら、中のデータを取り出せなくなることもあるからです。


「 全ての卵をひとつの籠に盛るな 」


という 格言 がありますが、これは


卵を 一つ のカゴに入れておくと、そのカゴを落としたときに全ての卵が割れてしまい 何も残ることはない。だから、複数のカゴに卵を分けて入れておこうね。


という意味です。

私はデータも同じだと考えています。

大容量の HDD を搭載したパソコンに全てのデータを入れておくよりも、複数の 外付け HDD を使ってデータを分散して保存した方が安心だと思います。

あるいは オンラインストレージ にデータを保存してもいいかもしれません。パソコン や スマートフォン など複数の端末から気軽にアクセスできるので、データの管理も楽になると思います。

どちらを使うにしても、万が一に備えて バックアップ を取っておくと、データを失うリスクを最小限まで抑えることができます。

ちなみに、外付け HDD や オンラインストレージ については




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


こうした点から パソコン を購入する際は大容量の HDD を選ぶのではなく、「 必要 最小限の容量に留めたものを選ぶ 」 ことで費用も抑えられますし、浮いた費用で 「 外付けHDD 」 などを購入して リスク管理 を行えば、賢く データ を管理できると思います。

たとえば、私がパソコンを使う目的は、


  • インターネット検索
  • 文書ファイル作成
  • SNS の利用
  • メールの利用
  • ブログ作成
  • 動画 や 音楽 の視聴


といった使い方が主なので、目安としてはいつも 500 GB のものを選ぶようにしています。

これでも容量は かなりあるので十分なんです。

データを分散して管理することで パソコン内 のデータも少なくできますし、動作も軽くてスムーズになるので快適に使えます。

でも、


「 もっと快適に サクサク 使いたい 」


という方もいると思います。

ノートパソコンを外出先で使う際は、起動時間 を短くしてできるだけ 電力消費 を抑え、素早く作業を済ませてしまいたいわけです。

こうした考えを持っているのは 私 だけではないと思います。

こんなときは HDD の代わりに


SSD


というものを選ぶと良いかもしれません。

では次に、SSD について見ていきましょう。



SSD ってなに?


パソコンを選んでいると、HDD の代わりに SSD と表記されたものを目にすることがあります。

SSD とは


Solid State Drive ( ソリッド・ステート・ドライブ )


の略で、HDD と同じように記憶装置として使われます。簡単に言うと、SSD も本棚として使われるわけですね。

では、SSD は HDD よりも どういった点で優れているのか、その メリット について以下にまとめてみました。


  • 音 が静か
  • PC の高速起動 が可能
  • 処理速度 が高速
  • 耐衝撃性 が高い
  • 軽量化 が可能
  • 消費電力 が低い


といったものがあります。

HDD と SSD の違いを比較しながら、一つずつ詳しく見てみましょう。


HDD と SSD の違いは?


まず、HDD の場合はディスクが くるんくるん回って読み書きを行いますが、SSD はこうした円盤状の 情報媒体 ( メディア ) は存在しません。

では、どうやって記憶しているのかというと、USB フラッシュメモリ で使われるような


メ モ リ ー チ ッ プ


に記憶させます。

そのため、HDD 搭載のパソコンでよく耳にするような ブゥーン カリカリ といった音や、冷却ファンの動作に伴う キーン といった高音のモスキート音もなくて とても静かです。

また、磁気ヘッド の物理的な移動もないので、データの読み書き速度も非常に速いといった特徴があります。

もっと具体的に説明すると、読み取り装置である磁気ヘッドが目的のデータを取り出すところまで移動する時間のことを


シ ー ク タ イ ム


と言うのですが、この時間がなくなります。

また、磁気ディスク に記録された目的のデータが磁気ヘッド のところまで来る時間を


サ ー チ タ イ ム


と言いますが、この時間も省かれることになります。

こうした待ち時間が無くなることで読み書きが高速に行われるようになるわけです。

その恩恵の一つがパソコンの


高 速 起 動


というわけです。

パソコンを立ち上げるときは、Windows ○ といった


OS ( Operating System )


と呼ばれるソフトウェアのデータを読み書きしますが、SSD はこのデータの読み込みも早いのでパソコンの高速起動も可能になります。


また、耐衝撃性 が高い といったメリットもあります。

HDD だと 磁気ディスク が回って、その上を 磁気ヘッド がディスクに触れることなく移動して読み書きを行うのですが、持ち運びの際に大きな 振動 が加わると互いが接触することがあります。

接触するとディスクに キズ が付いてしまい、それが原因でデータが読み込めなくなることがあるわけです。

他にも、PC を落下させて HDD の回転部分に異常が生じることで、データの読み書きができなくなることもあります。

HDDにはこうした弱点があるのですが、SSD であれば物理な稼動部分はないので、HDD に比べると 衝撃 や 振動 にも強く、耐衝撃性 が高くなると言えるわけです。


それと、ヘッダ や ディスク を回転させるモーターなども必要ないので、小型 ・ 軽量化 も可能になります。

あなたがパソコンを持ち運ぶことが多くて、耐衝撃性 や 小型・軽量化 に優れた ノートパソコン ( モバイルノート ) を探しているのであれば、SSD 搭載のものは最適だと言えます。


さらに、消費電力 も抑えることができます。

ディスクを回転させたり、磁気ヘッドを動かすのには電力が必要です。

待機 ・ 休止状態 であればディスクは止まっていますが、起動させたり データを読み書きするたびにディスクを回転させる必要があるので 電力 を消費してしまいます。

でも、SSD であればこうした物理的稼動を伴わないので、低消費電力で使うことが可能になります。

あなたが外出先で ノートパソコン を使うことが多くて、充電 が煩わしいと感じているのであれば、SSD 搭載のものはその悩みの解消に一役買ってくれるはずです。


もしあなたがこうしたメリットを優先させたいのであれば、SSD を搭載したノートパソコン ( モバイルノート ) を選ぶと良いかもしれません。


 た だ し 、


デメリットもあります。この点も忘れずに把握しておきましょう。


SSD のデメリットは?


SSD のデメリットには以下のようなものがあります。


  • 価格 が高い
  • 容量 が小さい
  • 寿命 が短い
  • データ復旧 が容易でないことも


といったものがあります。

まず、価格が とても高い ので注意しましょう。

たとえば、250 GB の SSD の価格は、250 GB の HDD の 3倍近くの価格になります。500 GB で比べると、5~6 倍の差が出てきます。

この 価格差 は少しずつ小さくなってきてはいますが、まだまだ高価なものといった感じは拭いきれません。


また、SSD は高価な割には 容量が小さい といった欠点もあります。

もし、パソコン内に保存するデータを少なくして、外付け HDD やクラウドストレージ を利用するのであれば問題ないのかもしれません。

一方、パソコン内に大容量のデータを保存する必要があるのであれば、HDD を選ばれた方がいいと思います。


さらに、SSD は HDD に比べて データの書き換えができる寿命が短かかったり、壊れた際のデータ復旧が HDD に比べると容易でないなどの側面もあります。

HDD であれば異音がするようになったら


「 もう寿命かな。。。 」


と察知できますが、SSD では音がしないので こうした予測はできません。

もちろん、ウェアレベリング と呼ばれる耐久性能の向上を図る方法や、データ復旧の技術も進歩していますが、こうした弱点もあるということを踏まえて選ばなければならないわけです。


 つ ま り 、


先程紹介した メリット と照らし合わせて、どちらを重視させるべきかを考慮したうえで選択する必要があるわけですね。

たとえば、さほど 起動時間 の短縮を重視していないのであれば、HDD を選ぶことで コスト を抑え、代わりに CPU を高性能のものにして動作を向上させるといった買い方もあります。( CPUを選ぶ 7 つ のポイント


あるいは、容量は小さくても頻繁にアクセスする データ のみ SSD 内 に保存して、その他のデータは オンラインストレージ に保存することで問題解決を図り、作業効率を上げるために 静音性 ・ 高速性 ・ 軽量化 を重視するといった選び方をしてみても良いかもしれません。


人によって用途も選び方も違うので、あなたが何を重視するのかを考えながら判断してみましょう。


HDD の選び方についてはこんな感じです。

あなたの目的に合わせて用途に合ったものを選ぶようにしてみると失敗も少なく、快適に使えると思います。

パソコンの スペック を理解すれば、メーカーに直接注文してオーダーメイド のパソコンを手に入れられる


カスタム注文 ( カスタムメイドモデル )


を選ぶことも可能です。

基本的な知識があれば初心者でも気軽に購入できるので、この際にきちんと学んで理解して、納得のいくパソコンを費用を抑えて手に入れてみると良いかもしれません。

詳しくは、




でまとめましたのでこちらを参考にしてください。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク