知らないと恥をかく一般常識の壁

グラフィックボードの基本!種類と性能の違いは?


『 グラフィックボードの基本を理解してみよう 』


パソコンを購入する際は、いくつかのポイントを押さえて選ばなければなりませんが、その中の一つに、


グラフィックボード ( graphics board )


というものがあります。

なんとなく名前を耳にしたことのある方も多いと思いますが、どういったものか よくわからない人もいるかもしれません。 ← 私

この際に、どのような種類があって、どういう役割を担っているのかを理解しておくと、パソコンを選ぶ際もあなたの理想のものを見つけやすくなると思いますよ。


そこで今回は、グラフィックボードについてまとめました。( 最終更新:2016年9月 )


グラフィックボードってなに?


グラフィックボードとは、


ディスプレイに画像を綺麗に映し出すための部品


と考えるとわかりやすいと思います。

映画を見たり、3D のゲームをしたり、CAD のような製図ソフトを用いて図面を描いたりするときに、この部品の性能が重要になってきます。

では、グラフィックボードがないとディスプレーに何も表示されないのかというと、そういうわけではありません。グラフィックボードがなくても映ります。


 な ん で ?


最近は、マザーボード や CPU に画像表示機能というものが搭載されているからです。

わかりやすく言うと、まずパソコンの頭脳にあたる部品のことを


CPU


と言い、CPU や メモリー など PC の心臓部となる重要な部品が乗せられた 小さな四角い板 ( 基盤 ) のことを


マザーボード


と言うのですが、こうしたものに予めグラフィック機能が備わっていることが多いわけです。なので、一般的な使い方をするのであれば、特にグラフィックボードは必要ありません。

そのため、搭載されていなくても問題ないのですが、これがないと困る場合もあります。

たとえば、次のようなケースです。


  • 高画質の映像を見たい
  • ゲームを楽しみたい
  • 三次元グラフィックスの作業をしたい


このことから グラフィックボード の具体的な役割が何となく推測できると思いますが、


画像解析度 や 発色数、表示周波数、描画速度を向上させる働き


をします。

つまり、DVD や ゲーム の映像を綺麗に見せたり、立体的な設計作業をスムーズに行えるようにするわけですね。

もっと具体的に言うと、ディスプレイに表示される画像には


  • 2D グラフィックス ( 平面画像 )
  • 3D グラフィックス ( 立体映像 / 3DCG )
  • 映像・動画 ( ビデオなど )


の 3 種類 ありますが、これらをディスプレイに表示した際に、


美しく、滑らかに動かせるかを左右する


のがグラフィックボードであるということが言えると思います。

そのため、あなたが仕事で 画像 や 映像 を扱うことが多かったり、ゲーム や 設計 などで立体的な 3D 画像 や 映像 をグリグリ動かすのであれば、搭載しておくことで より快適に使えます。

これがわかると、


「 搭載したい! 」


と思われるかもしれませんが、調べてみるといろんな名前があることに気付くかもしれません。

たとえば、「 グラフィックボード 」 以外にも、「 ビデオカード 」 といった名前のものもあるので、よくわからない人は戸惑ってしまうと思います。

これらの違いは一体何だと思いますか?

次は、このことについて簡単に見てみましょう。


グラフィックボードとビデオカードの違いは?


違いはありません。

呼び名が多いのでよく混乱する方も多いのですが、わかりやすく以下に整理してみますね。


  • グラフィックボード ( graphic board )
  • グラフィックカード ( graphic card )
  • グラフィックスボード ( graphics board )
  • グラフィックスカード ( graphics card )
  • グラボ
  • ビデオボード ( video board )
  • ビデオカード ( video card )
  • ビデオアダプター ( video adapter )


これらの名前は全部同じものだと考えて問題ありません。

ちなみに、たまに間違えて 「 VGA ( Video Graphics Accelerator ) 」 という言葉を使っている人もいますが、これは昔 IBM が開発したグラフィックシステムの規格である 「 Video Graphics Array 」 から派生した造語のようなので全く別物です。気を付けましょう。

話を元に戻すと、上で出てきた名前には 「 カード 」 とか 「 ボード 」 といった言葉が付いているのですが、これは 小さな板 ( 基板 / 拡張ボード ) の上にいろいろな部品が一塊に乗せられているからなんです。たとえば以下のようなものですね。




板があって、その上に細かな部品やプロペラなんかが乗っかっていますよね。これを 「 ○○ ボード 」 とか 「 ○○ カード 」 というわけです。

それと、ブランド名を見たらわかると思いますが、「 玄人志向 」 とか 「 GIGABYTE 」 とか、いろいろなものが販売されています。このようにたくさんの種類があると、


「 どんな違いがあるの? 」


と思われるかもしれません。

では次に、このことについて詳しく見ていきましょう。


グラフィックボードの種類と性能の違いは?


たくさんの企業から いろいろなブランドが出ているので、種類も無数に存在しているように感じるかもしれません。

でも、ブランドの数だけ種類があって性能も大きく異なるということではないんです。

押さえるべきポイントは一つで、


どのメーカーの グラフィックチップ ( GPU ) を使っているのか?


という点です。( 以下、GPU と記載します )

GPU というのは、


グラフィックボード の頭脳


のことです。

わかりやすく言うと、CPU がパソコン全体の頭脳であれば、GPU は画面表示部門の頭脳ということになります。

会社に例えると、CPU が社長で、GPU は映像部門の部長みたいなものですね。つまり、画像表示に関しては CPU の右腕として働いてくれるわけです。

ちなみに、GPU についてもっと知りたい方は 『 グラフィックチップってなに? 』 でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。

この GPU が同じメーカーのものであれば、異なる企業が製造販売しているグラフィックボードでも似たような性能になります。

そのため、まずは GPU のメーカーを確認することが重要になってくるわけです。

では、どれくらいの種類があるのかというと、現在は技術競争の末にかなり淘汰されているので、以下の 2 種類 に絞られます。


  1. NVIDIA GeForce ( ジーフォース )
  2. AMD RADEON ( レイディオン / ラディオン )


それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。


1.NVIDIA GeForce(ジーフォース)ってなに?


一つ目の GeForce とは、米国の NVIDIA ( エヌビディア ) 社が開発している GPU のブランド名です。技術競争が激しかった頃から開発スピードが速く、現在最も普及している GPU と言われています。

廉価版 から 高性能 なものまで幅広く扱っていますし、2D ・ 3D グラフィック の両方とも安定しています。また、最近の製品は 映像 や 動画 において定評のある RADEON にも引けを取りません。

さらに、ゲームの分野では GeForce を基に開発されていることも多いので、不具合などの発生も RADEON に比べて低いといった特徴がありますね。

最近のものであれば、オールマイティな GPU と言えると思います。シェアも多いので、万一トラブルが起きても対処しやすいといった魅力もあります。


2.AMD RADEON(レイディオン/ ラディオン)ってなに?


二つ目の RADEON とは、米国の AMD ( エイエムディ ) 社が開発している GPU のシリーズ名です。以前は、ATI Technologies ( カナダ ) という企業でしたが、2006 年 に AMD に買収されました。

かつては 映像 や 動画 の性能が GeForce よりも優れていると言われていましたが、現在は GeForce と大差はありません。

また、3D の性能が GeForce よりも劣っているとも言われていましたが、この点においても現在は差がないようです。

GeForce に比べるとシェアは低いですが、同性能のものが低価格で購入できるといった特徴があります。


GPU はこの 2 種類 に分かれるので、グラフィックボードを選ぶ際には、どちらのブランドが使われているかを確認しながら選ぶのがポイントです。

あなたの使い方に合ったものを選んでみるといいかもしれませんね。

どちらにしようか迷った際は、


  • 初心者の人であれば GeForce
  • 上級者で価格帯も考慮したいなら RADEON


といった具合に判断してみると良いかもしれません。

では、選ぶ際には、どのような点に注意して選んだらいいと思いますか?

これについては、




でまとめます。また、GeForce と RADEON の製品の種類と性能の見分け方については、




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参照してください。


なお、グラフィックボードを搭載しないのであれば、先ほど上で紹介した マザーボード や CPU などに備えられた


オンボードグラフィック


というものを使うことになります。これについては 『 オンボードグラフィックの種類と性能の違いは? 』 でまとめますのでこちらを確認してください。


でも、グラフィックボードは選ぶのも一苦労なので、どれを選択したらいいのか難しいと感じる人もいるかもしれません。

そんなときは、DELL の直販サイトで買うと目的に合ったパソコンを簡単に選べると思います。

なぜなら、ゲーム向け専用のパソコンから、クリエイティブ系のプロが使う本格的なものまで幅広く用意されているからです。




「 動画像の編集 」 や 「 ゲーム 」 に適した デスクトップ PC や ノート PC が豊富に用意されていますし、Precision シリーズにおいては「 CG作成 」 や 「 CAD 」 に最適な製品を手軽に選べるのが魅力です。多様な中から選べるので、満足のいくパソコンを簡単に見つけられると思います。

グラフィックボードの選択肢もかなり絞られるので、悩むことなく目的に合ったものをシンプルに選べると思いますよ。比較的安価な価格で手に入れられるのも嬉しいですね。

パソコンの購入を考えている方は、選択肢の一つに入れておくと良いかもしれません。

ちなみに、DELL 製品の購入については、




でまとめましたので、こちらで理解を深めてみてください。

グラフィックボードの 種類 と 性能 の違いについてはこんな感じです。次回は、『 グラフィックボードの基本!選び方と注意点は? 』 です。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

訪問者数

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク