知らないと恥をかく一般常識の壁

GPUの基本!グラフィックチップってなに?


『 グラフィックチップについて理解してみよう 』


グラフィックボードの基本!種類と性能の違いは? 』 の記事では、グラフィックボード を選ぶ際は グラフィックチップ を確認しなければならいことを説明しました。

でも、これがどういったものなのか、よくわからない人も多いと思います。 ← 私

そこで今回は、グラフィックチップとは一体何なのかについてまとめました。( 最終更新:2016年9月 )


グラフィックチップってなに?


グラフィックチップとは、


グラフィックカードの 頭脳 にあたる IC チップ


のことで、映像再生 や 暗号化 などを行うための高度な演算処理を行います。

わかりやすく、パソコンの頭脳である CPU を例に取って説明してみましょう。

CPU はパソコン全体の頭脳にあたり、計算を早くできるものほど高性能で、PC をサクサク動かすことができます。一方、計算が遅いものほど性能も低くなるので、PC の動きも遅くなってしまいます。つまり、CPU がパソコンの性能を大きく左右するわけですね。 ( CPU を選ぶ 7 つ のポイント

同様に、画面表示 の頭脳を担当するのが


グラフィックチップ ( GPU )


と呼ばれる部品です ( 以降 「 GPU 」 と書きます )。

3D グラフィックス のように 縦 ・ 横 ・ 奥行 きなどの位置情報を計算をして映像を表示させたり、高画質映像を美しく滑らかに動かす役割を担っています。つまり、これらの動作は、この GPU の性能によって左右されるわけですね。

高性能であれば計算も早いので、画像 や 映像 を速く美しく動かすことができますが、性能が低ければ画像処理が追い付かずに カクカク 止まったり、正常に表示されなかったりします。

GPU とはこのような働きをするわけです。

ちなみに、CPU や GPU のように、頭脳 として演算や制御を行う装置のことを


プロセッサ


と言います。

ここからもわかると思いますが、GPU は CPU と同じように重要な働きをしているわけです。この意味を込めて


GPU ( Graphics Processing Unit / 画像処理回路 )


と呼ばれているわけです。ついでなので、同じような意味で使われる言葉を以下にまとめますね。


  • グラフィックチップ ( graphic chip )
  • GPU ( Graphics Processing Unit )
  • ビデオチップ ( video chip )


これらは全部同じ意味です。ちなみに、GPU の画像処理機能をさらに強化したものを


VPU ( Visual Processing Unit )


と言います。覚えておくと良いかもしれません。


では、GPU は CPU の手伝いをしているの?


そうです。

本来は CPU が行う計算を、GPU が代わりに行っていると考えるとわかりやすいと思います。

CPU から


「 ○○ の画像を表示したいんだけど計算してもらえる? 」


という命令を受けると、ディスプレイに映し出すための画像データを集めて、スムーズに映し出せるように用意をしてくれます。

つまり、計算をして、ディスプレイに映せるように準備を整えて、そのデータを一時的に保管して、出番が来たら一気に画像をモニターに映し出すわけですね。

ちなみに、このデータを溜めておく保管場所のことを


VRAM ( ビデオ・ラム / Video Random Access Memory )


と言います。画像表示専用のメモリーのことですね。


ビデオメモリー とか グラフィックスメモリー


と呼んだりもします。

これは グラフィックボード の中に備わったメモリ領域なのですが、画像表示のデータはまずここに溜められます。

容量が大きければ たくさん溜められるので、解像度を高くしたり色数を増やすことができますが、容量が小さいと たくさん溜めることはできません。

容量が足りなくなると、メインメモリ を VRAM の代わりとして使うことになります。 こうなるとパソコンそのものの動作にも影響を与えてしまうので、なるべく大きいものを選んでおくと安心です。

ちなみに、グラフィックボード を搭載していないパソコンは、メインメモリのみを使ってこの作業を行います。( メモリの種類と性能の違いと選び方は?

特に、GPU よりも メモリ が重要な役割を果たすのは 2D を表示させるときです。たとえば、ブルーレイ などで高画質映像を楽しむときですね。高画質映像を美しく滑らかに表示したい時は、GPU の性能よりも VRAM の容量が重要になってきます。詳しくは、




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


グラフィックチップはどこに搭載されるの?


GPU はグラフィックボードの中に搭載されることもあれば、マザーボード上に直接実装されることもあります。

グラフィックボードに搭載された PC では、以下のような部品 ( 拡張ボード ) がパソコンに搭載されることになります。




一方、マザーボードに搭載される場合は、グラフィックボードは必要ありません。こうしたものを


オンボードグラフィック


と言います ( オンボードグラフィックの種類と性能の違いは? )。

でも、後から必要だと感じることもあるかもしれません。このようなときは グラフィックボード を追加することになります。

近年は、マザーボードの画像表示機能を切れるものも多いので、追加可能な場合が多いのですが、中には切れないものもあります。こうしたものだとグラフィックボードは追加できないので注意しましょう。

そのため、最初から必要だとわかっているのであれば、パソコンを購入する際に 既にグラフィックボードが搭載されているもの を選ぶと安心だと思いますよ。


でも、グラフィックボードは選ぶのも一苦労なので、どれを選択したらいいのか難しいと感じる人もいるかもしれません。

そんなときは、DELL の直販サイトで買うと目的に合ったパソコンを簡単に選べると思います。なぜなら、ゲーム向け専用のパソコンから、クリエイティブ系のプロが使う本格的なものまで幅広く用意されているからです。




「 動画像の編集 」 や 「 ゲーム 」 に適した デスクトップ PC や ノート PC が豊富に用意されていますし、Precision シリーズにおいては「 CG作成 」 や 「 CAD 」 に最適な製品を手軽に選べるのが魅力です。多様な中から選べるので、満足のいくパソコンを簡単に見つけられると思います。

グラフィックボードの選択肢もかなり絞られるので、悩むことなく目的に合ったものをシンプルに選べると思いますよ。比較的安価な価格で手に入れられるのも嬉しいですね。

パソコンの購入を考えている方は、選択肢の一つに入れておくと良いかもしれません。

ちなみに、DELL 製品の購入については、




でまとめましたので、こちらで理解を深めてみてください。

グラフィックチップについてはこんな感じです。

グラフィックボードを基本から理解したい方は、『 グラフィックボードの基本!種類と性能の違いは? 』 から読み進めるとわかりやすいと思います。

あなたの目的に合ったものを選ぶようにすると快適に使えると思いますよ。参考にしてください。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク