知らないと恥をかく一般常識の壁

GPUの基本!GeForce の種類と性能の見方や比較方法は?


『 GeForce シリーズの性能を比較できるようになってみよう 』


以前、『 グラフィックボードの種類と性能の違いは? 』 で ビデオチップ ( GPU ) にはブランドがあり、その一つに


NVIDIA の GeForce シリーズ


というものがあると説明しました。

この GeForce シリーズ は いろいろな種類に分かれているので、各製品の性能の違いがよくわからないという人も多いと思います。 ← 私

どのような違いがあるのかを把握しておくと、グラフィックボードを選ぶ際も比較的スムーズに選べるようになるかもしれません。


そこで今回は、GeForce シリーズ の種類と性能の違いについてまとめました。( 最終更新:2016年9月 )


GeForce シリーズ の種類と性能の違いは?


まず、GeForce シリーズ の性能を判断する方法には、


製品名を確認する


という方法があります。たとえば、


  • A : GeForce GTX 780
  • B : GeForce GTX 750


の 2 つ のうちどちらの性能が上なのかを、これらの製品名から知ることができるわけです。

これはある一定のルールに従って名前がつけられているので、その規則を理解しておくことで判別できるようになります。

そのルールというのが以下の 4 つ です。


  • 世代内の等級 ・・・ アルファベット (GTX >GT >GTS >GS >G >無印)
  • 世代 ・・・ 数字三桁の最初の数字
  • 同世代内での性能差 ・・・ 下二桁 (80 >70 >60 >50 >40 >30 >20 >10)
  • 同型番内での性能差 ・・・ 数字の後ろのアルファベッド (Ti >無印)


となります。

世代は、数字が大きいほど新機種であることを意味します。各 ( ) 内は左に行くほど上位型で、右に行くほど廉価版を意味します。

これをもとに先程の 「 GeForce GTX 780 」 の名前を分解してみると、


  • 等級 (クラス) ・・・ GTX
  • 世代 ・・・ 7
  • 性能指標 1 ・・・ 80
  • 性能指標 2 ・・・ 無印


となり、第 7 世代 の 最上位 ということがわかります。

もっとわかりやすいように、具体的な性能差を以下にまとめると、


  • GTX ・・・ ハイエンド (最上級)
  • GT / GTS ・・・ パフォーマンス (上級)
  • GS ・・・ メインストリーム (中級)
  • G / 無印 ・・・ ローエンド (下級)

  • 90 ~ 80 ・・・ 上位
  • 70 ~ 60 ・・・ 中位
  • 50 ~ 00 ・・・ 下位


となります。

このことから、先程出てきた A と B の製品の性能を見極めてみましょう。


  • A : GeForce GTX 780
  • B : GeForce GTX 750


どちらも 「 GTX 」 クラスの 「 第 7 世代 」 ですね。違いは性能指標の 「 80 」 「 50 」 というところです。

これは世代間での優劣を表していて、「 80 」 は上位、「 50 」 は中位となるので、「 GeForce GTX 780 」 の方が性能が上ということがわかります。簡単ですね。

最近の GeForce 製品はこのように表記されているので、この方法で製品名から性能の優劣を知ることができます。


ただし、注意しなければならないのは、旧世代の製品名はこのルールが少し違う という点です。 ( 旧世代というのは GeForce 9 シリーズ 以前を指します。下で詳しく書きます。 )

では、これについても詳しく見ていきましょう。



旧世代製品における性能の見分け方は?


旧世代の製品名は以下のような書かれ方をしていました。


  • C : GeForce 9800 GTX
  • D : GeForce 6800 LE


一番後ろにあった数字が真ん中に来て、真ん中にあったアルファベッドが後ろに来ていますよね。

それぞれの持つ意味は、


  • 世代 ・・・ 数字四桁の最初の数字
  • 世代内の等級 ・・・ 数字四桁の 二つ目の数字
  • バージョン ・・・ 数字四桁の 下二桁
  • 性能指標 ・・・ アルファベット (Ultra >GTX >GT >GTS >GS >(記号なし) >LE >SE)


となります。単純に数字が大きいほど高性能です。アルファベット部分も左のものほど上位型で、右のものほど廉価版になります。

たとえば、先程の 「 GeForce 9800 GTX 」 では


  • 世代 ・・・ 9
  • 等級 (クラス) ・・・ 8
  • バージョン ・・・ 00
  • 性能指標 ・・・ GTX


となります。具体的な性能差は、


  • クラス 9 ~ 8 ・・・ ハイエンド (上級)
  • クラス 7 ~ 6 ・・・ メインストリーム (中級)
  • クラス 5 ~ 0 ・・・ ローエンド (下級)


  • Ultra / GTX ・・・ 最高位
  • GT / GTS ・・・ 上位
  • GS / (記号なし) ・・・ 中位
  • LE / SE ・・・ 下位


です。旧製品の場合は、このルールをもとに識別していきます。

これをもとに、先程出てきた C と D の製品の性能を見極めてみましょう。


  • C : GeForce 9800 GTX
  • D : GeForce 6800 LE


この場合は C 製品の方が数字が大きいので、単純にこちらが高性能であることがわかりますね。

では次に、どのような 種類 の製品があるのかザックリと見てみましょう。


NVIDIA GeForce の製品の種類は?


まず、GeForce の製品は


デスクトップ向け と ノート PC 向け


の 2 種類 に分かれ、そこからさらに 各世代ごと に枝分かれしています。

たとえば、デスクトップ向けだと以下のようなものですね。ちなみに、製品名に書かれている 「 Series 」 というのは 「 世代 」 のことです。


  • GeForce 256 (1999年)
  • GeForce 2 (2000年)
  • GeForce 3 (2001年)
  • GeForce 4 (2002年)
  • GeForce FX (2002年)
  • GeForce 6 Series (2004年)
  • GeForce 7 Series (2005~2007年)
  • GeForce 8 Series (2006~2007年)
  • GeForce 9 Series (2008年)
  • ----------
  • GeForce 100 Series ← 製品名ルール変更
  • GeForce 200 Series (2008~2009年)
  • GeForce 300 Series
  • GeForce 400 Series (2010~2011年)
  • GeForce 500 Series (2010~2012年)
  • GeForce 600 Series (2012年)
  • GeForce 700 Series (2013~2014年)
  • GeForce TITAN Series (2013~2015年)
  • GeForce 900 Series (2014~2015年)
  • GeForce 10 Series (2016年~)


たとえば、あなたが買おうとしているパソコンの仕様欄に、「 GeForce GTX 770 」 の GPU が搭載されていると書かれていたとしましょう。

製品名からある程度推測できますが、もっと具体的に知りたい時は 「 GeForce 700 Series 」 の詳細を確認して、性能を比較しながら考慮するわけです。

性能を考慮する方法については 『 グラフィックボードの選び方と注意点は? 』 を参考にしてください。


ノートパソコンの向けの製品も同様です。

ちなみに、製品名に書かれている 「 M 」 というのは、移動や携帯のできる端末を意味する 「 Mobile 」 を意味します。つまり、ノートパソコン用ということです。


  • GeForce 2 Go Series
  • GeForce 3 Go Series
  • GeForce 4 Go Series
  • GeForce FX Go Series
  • GeForce Go 6 Series
  • GeForce Go 7 Series
  • GeForce 8 M Series
  • GeForce 9 M Series
  • ----------
  • GeForce 100 M Series ← 製品名ルール変更
  • GeForce 200 M Series
  • GeForce 300 M Series
  • GeForce 400 M Series
  • GeForce 500 M Series
  • GeForce 600 M Series
  • GeForce 700 M Series
  • GeForce 800 M Series
  • GeForce 900 M Series


もし、ノートパソコンの GPU に 「 GeForce GTX 765M 」 という製品が搭載されていたら、先程と同じように 「 GeForce 700 M Series 」 の細かな性能を比較して選んでいくようにするわけです。


Wikipedia には過去の世代の性能なども細かく掲載されているので、購入する際は確認してみると良いかもしれませんね。

もし載っていない場合は、販売しているパソコンメーカーの Web サイト で確認してみましょう。

たとえば、DELL でパソコンを買うのであれば、DELL の Web サイト を確認すると説明がなされていると思います。

ちなみに、業務用の GPU には 「 Quadro 」 というものもあります。必要に合わせて選んでみるといいかもしれません。


でも、グラフィックボードは選ぶのも一苦労なので、どれにしたらいいのか わからない人も多いと思います。

もっと簡単にグラフィックボードを搭載したパソコンを選びたいのであれば、DELL の直販サイト で買うようにすると目的に合ったパソコンを快適に見つけられると思いますよ。

なぜなら、ゲームをするための専用のパソコンから、クリエイティブのプロが使う本格的なものまで幅広く用意されているからです。




「 動画像の編集 」 や 「 ゲーム 」 に適した デスクトップ PC や ノート PC が豊富に用意されていますし、Precision シリーズにおいては「 CG作成 」 や 「 CAD 」 に最適な製品を手軽に選べるのが魅力です。多様な中から選べるので、満足のいくパソコンを簡単に見つけられると思います。

グラフィックボードの選択肢もかなり絞られるので、悩むことなく目的に合ったものをシンプルに選べると思いますよ。比較的安価な価格で手に入れられるのも嬉しいですね。

パソコンの購入を考えている方は、選択肢の一つに入れておくと良いかもしれません。ちなみに、DELL 製品の購入については、




でまとめましたので、こちらで理解を深めてみてください。


NVIDIA GeForce の種類と性能の違いについてはこんな感じです。

グラフィックボード選びは大変に感じると思いますが、ポイントを押さえて あなたの用途に合ったものを選んでみると快適に使えると思います。

また、パソコンの スペック を理解すれば、メーカーに直接注文してオーダーメイド のパソコンを手に入れられる


カスタム注文 ( カスタムメイドモデル )


を選ぶことも可能です。

基本的な知識があれば初心者でも気軽に購入できるので、この際にきちんと学んで理解して、納得のいくパソコンを費用を抑えて手に入れてみると良いかもしれません。詳しくは、




でまとめましたのでこちらを参考にしてください。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク