知らないと恥をかく一般常識の壁

ケーブルの基本!HDMIの選び方と注意点は?


『 HDMI ケーブルを理解して、賢く選んでみよう 』


前回の 『 ディスプレイケーブルの種類と違いは? 』 では、パソコンとディスプレイを繋ぐケーブルには どのようなものがあるのかについて説明しました。

その際に、HDMI ケーブル について少し触れましたが、その際にはいくつかのポイントを押さえて選ばなければなりません。ポイントを押さえておけば、使い方に合ったケーブルを選びやすくなると思いますよ。


そこで今回は、HDMI ケーブル の選び方と注意点についてまとめます。( 最終更新:2016年9月 )


HDMI ってなに?


前回少し触れましたが、もう一度簡単におさらいしてみましょう。

HDMI とは、


映像 と 音声 の両方を 劣化させずに転送できる規格


のことです。


ディスプレイから映像や音を出すためには、パソコン本体からディスプレイへ 映像 と 音 の信号を送る必要があります。

これを行うにはケーブルで各機器をつなげる必要があるのですが、どのケーブルでも同じように伝送できるというわけではありません。アナログ信号 と デジタル信号 のどちらで転送するかによって画質などが変わってきます。

もしアナログ信号で送ると信号が劣化して画質も悪くなってしまいますが、デジタル信号で送れば情報を劣化させずに送ることができます。

これを左右するのがケーブルの種類で、どのケーブルを使うかでアナログで送るのかデジタルで送るのかが変わってきます。


デジタル信号で送れる初期のケーブルには DVI ケーブル というものがありました。

しかし、これは映像信号のみしか転送できず、音声信号を送るには別途、専用のケーブルを用意する必要がありました。

この DVI を向上させて、音声 も一緒に転送できるようにしたものが HDMI ケーブル です。これは


  • 映像
  • 音声
  • 制御信号 ( コントロール信号 )


の 3 つ をデジタル信号でまとめて送受信できるのが特徴です。

パソコン と ディスプレイ を繋げられるのはもちろん、テレビをディスプレイ代わりりとして繋げることも可能です。AV 家電 にも幅広く対応している ので、以下のデジタル機器同士を繋げることもできます。


  • テレビ
  • DVD レコーダー / プレーヤー
  • Blu-ray レコーダー / プレーヤー
  • ゲーム機器
  • 衛星放送受信アンテナ


制御信号も双方向に送れるので、接続された機器同士をお互いに認識させて使うことも可能です。

わかりやすく言うと、テレビ と DVD プレイヤー を HDMI ケーブルでつなげれば、DVD プレイヤー の電源を入れるだけでテレビの電源も一緒に入れることができるということです。

つまり、1 つ のリモコンで複数の機器を制御できる というわけですね。


こうしたメリットがあるので、あなたがパソコンを使って以下のような作業をするのであれば、HDMI ケーブル を選んでおくと快適に使えると思います。


  • 映画 や ドラマ を鑑賞する
  • 音楽 や ゲーム を楽しむ
  • 写真 や 動画 を編集する


でも、ひとくちに HDMI と言っても いろいろな種類があるので、どのような点に注意して選べばいいのかがわからない人も多いと思います。

そこで、もう少し深く掘り下げて、どんな種類があって、どのような点に注意して選べばいいのかについても見ていきましょう。


HDMI の種類と選び方の注意点は?


まず、HDMI ケーブル を選ぶ際に確認しなければならないのは以下の 2 つ です。


  1. コネクタ
  2. ケーブルの種類


それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。


1.コネクタを選んでみよう


一つ目は、コネクタです。HDMI のコネクタは、全部で以下の 5 つ に分かれています。


  1. タイプ A (標準タイプ)
  2. タイプ B (デュアルリンク。解像度が 1080 p を超えるもの)
  3. タイプ C (ミニ HDMI 端子。ビデオカメラ)
  4. タイプ D (マイクロ HDMI 端子。携帯電話やデジタルカメラ)
  5. タイプ E (自動車用 HDMI 端子。車の映像用配線)


この 5 種 の主な違いは コネクタの形状 です。 ( HDMI コネクタの一覧

つまり、差し込み口の形が複数あるので、これを確認しなければならないわけですね。


どの機器に接続するのかで形状が変わってくるので、デジタルカメラ や ビデオカメラ を扱うのであれば把握しておくと良いかもしれません。

一般的に 「 タイプ A (標準タイプ) 」 が多く使われるので、パソコン と ディスプレイ を繋ぐのであれば タイプ A のケーブルを選べば問題ないと思います。

なお、変換アダプタ や 変換ケーブル などを使うと、違う形状のもの同士でも繋げることもできますよ。




コネクタの形状が把握できたら、次はケーブルの種類を選びます。


2.ケーブルを選んでみよう


二つ目はケーブルです。ケーブルは以下の 2 種類 に分かれます。


  1. スタンダード HDMI ケーブル
  2. ハイスピード HDMI ケーブル


この 2 つ の違いは 保障されている解像度 です。具体的に どのように違うのかというと、


  • スタンダード: 480i ~ 1080i / 480p ~ 720p
  • ハイスピード: 480i ~ 1080i / 480p ~ 1080p


までの解像度に対応しています。

ここで 「 i 」 とか 「 p 」 といった単位が出てきますが、これは映像を表示する方法の違いを表しています。

わかりやすくテレビを例に説明すると、テレビ放送で映される画面は、1 秒間 に数十枚の画像を入れ替えることで映像として表示させています。

たとえば、アニメーションはたくさんの絵を描いて、それを順番に流すことで絵が動いているよう見せますよね。これと同じように、テレビも 1 秒間 にたくさんの画像を入れ替えて動かしているわけです。

しかし、1 画面分のデータを丸ごと送ることはできません。

そこで、画面を横方向に細かく切って、データをバラバラにして送るような仕組みになっています。この画面を細長く切ったものを


走査線


と言うのですが、昔のテレビ放送ではこの数が 480 本 でした ( ハイビジョン放送だと、720 本 or 1080 本 )。

この数の違いからも推測できると思いますが、


走査線の数が多ければ多いほど映像がきれいに映る


ということです。

この走査線をテレビ画面に映し出すには、以下の 2 つ の方法が使われます。


  • インターレース方式 : 列を奇数と偶数に分けて描く
  • プログレッシブ方式 : 画面の上から下へ順に描く


先ほど出てきた 「 i 」 と 「 p 」 は、この 「 インターレース方式 」 と 「 プログレッシブ方式 」 を意味しているわけです。


昔のテレビ放送では インターレース方式 が使われていましたが、デジタル放送になると プログレッシブ方式 も使われるようになりました。

一方、パソコンでは昔から プログレッシブ方式 が採用されています。

パソコン用ディスプレイの最大解像度で 1920 x 1080 といった数値を見たことがあると思いますが、これは走査線の数が 1080 本 であるということも意味しています。

そのため、もしこの解像度でディスプレイを使うのであれば、「 1080p 」 の解像度が保障された HDMI ケーブル を選べば良いということがわかります。

つまり、「 ハイスピード HDMI ケーブル 」 であれば問題なく使えるというわけですね。


一方、解像度が 1280 x 720 以下であれば 「 スタンダード HDMI ケーブル 」 でも問題ありません。

しかし、ケーブルは多様に使えた方が良いので、選ぶのであれば 「 ハイスピード HDMI ケーブル 」 を選んだ方が困ることも少ないと思います。( ※ 2016年9月に確認したところ、スタンダード HDMI ケーブルはほとんど売られていません。 )




ちなみに、二つ目のポイントで説明したものを


伝送帯域


と言います。

この単位には MHz ( メガヘルツ ) というものが使われるのですが、スタンダード HDMI ケーブルでは 「 75 MHz 」、ハイスピード HDMI ケーブルでは 「 340 MHz 」 となります。もっとわかりやすく言うと、


  • 75 MHz ( 480p/ 480i/ 720p/ 1080i )
  • 340 MHz ( 480p/ 480i/ 720p/ 1080p/ 1080i )


となります。

仕様を見ると MHz で書かれていることもあるので、一緒に把握しておくと困らないと思いますよ。


HDMI ケーブル を選ぶ際は、この 「 伝送帯域 」 と 「 コネクタの形状 」 を確認するのがポイントです。

あとは、あなたがパソコンを使って 3D のゲームや製図を行うのであれば、3D に対応 しているかを確認したり、DVD レコーダー や ゲーム機 などの複数機器をインターネットに接続するのであれば、イーサネットに対応 したものを選んでおくと便利だと思います。

ちなみに、イーサネットとは、HDMI ケーブルが LAN ケーブル の機能も備えているということです。

それと、必要に合わせてバージョンについても確認しておきましょう ( HDMI 各バージョンの機能詳細 )。

これらの点を押さえておくとスムーズに選べると思います。


HDMIケーブルの種類と、選び方の注意点についてはこんな感じです。

この他にもいろいろなケーブルがあるので、用途に合わせて選んでみると良いかもしれません。詳しくは、 『 ディスプレイケーブルの種類と違いは? 』 を参考にしてください。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は? お勧め
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう お勧め

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク



パソコン入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク