知らないと恥をかく一般常識の壁

ディスプレイの基本!画素ピッチの選び方と注意点は?


『 画素ピッチを理解して比較してみよう 』


薄型ディスプレイを選ぶ際はいろいろな性能を比較して選ばなければなりませんが、その一つに


画素ピッチ


というものがあります。

耳慣れない名前ですが、画質を左右する大切な要素のひとつなので、この機会にきちんと理解しておくと いざ目にした時も困らないと思います。


そこで、今回はこの画素ピッチについてまとめました。( 最終更新:2017年4月 )


画素ピッチってなに?


ディスプレイ画面に映し出される文字や画像は、小さな点 ( 正方形の点 ) がたくさん集まって構成されています。

このひとつひとつの点のことを 画素 ( ドット、ピクセル ) と言いますが、


この画素一つ一つが どれくらいの大きさなのかを数値で表したもの


画素ピッチ (ドットピッチ、ピクセルピッチ ) と呼ばれるものです。

「 0.303 mm 」 とか 「 0.252 mm 」 といった形で表され、この数字が小さいほどきめ細かく表現することができます。

では、この画素ピッチの数値が変わると、どのような違いが出てくると思いますか?


次はこのことについて見てみましょう。


画素ピッチを比較する際の注意点は?


画素ピッチが小さければ小さいほど、文字や画像をより精細に表現することができますが、ただ単に小さければ良いというものでもありません。

以前、『 ディスプレイ解像度の選び方と注意点は? 』 で解像度について説明しましたが、解像度を表すのにはどのような表記の仕方をしていたでしょう?


「 1920 x 1080 」 ( 横 x 縦 ) といった数値で表していましたね。

これはディスプレイに 画素 ( ドット ) が何個あるのかを表したものです。そして、この画素一つ一つの大きさを表したものが 画素ピッチ です。

もし、ディスプレイの大きさが同じで解像度が高くなると、同じ面積に より多くの画素が存在することになります。

ということは、1 画素 の大きさを小さくしなければなりませんよね。つまり、画素ピッチが小さくなるわけです。

すると、画面に表示される文字や画像、あるいはアイコンの大きさも小さくなってしまいます。

なぜなら、文字や画像などを構成する画素数は変わらないからです。解像度を高くすると文字が小さくなると言われるのはこのためです。


仮に、あなたが今使用しているディスプレイの文字が小さくて読みづらいと感じていて、大きなディスプレイを買おうと考えているのであれば注意しなければなりません。

なぜなら、モニターが大きくなっても画素ピッチが現在使用しているものよりも小さければ、望んでいる大きさの文字で表示されないかもしれないからです。

このことから文字の大きさを重視してディスプレイを選ぶのであれば、画素ピッチを比較する必要があるということがわかります。


最適だと感じる文字や画像の大きさは人それぞれなので、一概にどれが一番だとは言えませんが、選ぶ際の目安としては、今あなたが使っているディスプレイの性能を基準に考えてみると良いかもしれません。

たとえば、現在使用しているディスプレイと同様に表示させたいのであれば、同じ画面サイズで、同じ解像度で、同じ画素ピッチのものを選ぶといった具合ですね。( ディスプレイの画面サイズの選び方と注意点は?

もし、高齢の方が使うディスプレイを選ぶのであれば、文字が比較的 大きく表示されるように、画面サイズが大きくて、解像度が高すぎず、画素ピッチの大きなものを選ばれると使いやすく感じてもらえるかもしれません。

逆に、あなたが使うディスプレイで


「 複数のブラウザやソフトウェアを同時に使うので、大きなディスプレイを広々と使いたい 」


と感じているのであれば、文字が小さく表示されるものを選んだ方が良いかもしれません。

なぜなら、ディスプレイが大きい場合は、目を端から端へと頻繁に移動させていたら疲れてしまうからです。コンパクトに表示できる方が見やすいので、こうした場合は解像度が高く、画素ピッチの小さなものを選ばれると使いやすく感じるかもしれません。

特に、画質を重視するような写真や動画の編集作業や、3D ゲームなどを楽しむといったことを主な目的としているのであれば、解像度が高く、画素ピッチの小さなものを選んだ方が、より快適に使えると思いますよ。


 た だ し 、


画素ピッチを基準にディスプレイを選ぶということはあまりしません。

なぜなら、先ほども説明しましたが、画素ピッチはディスプレイの 「 画面サイズ 」 と 「 解像度 」 から自然と決まるものだからです。

なので、基本的に選ぶ際は 画面サイズと解像度を確認 して選べば問題ないと思います。その際に文字の大きさを気にするのであれば、画素ピッチも一緒に判断材料として使うようにすると良いかもしれません。


画素ピッチについてはこんな感じです。

ディスプレイはパソコンから送られてきたデータを表示するだけの機器ですが、一つ一つ違った特徴を持っています。

特徴が違えば、使い勝手も変わってくるので、これを機にあなたの使い方に合ったものを選んでみると、より快適に使えるかもしれません。

参考にしてください。


パソコンを賢く選んでみよう


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は?
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう

インターネット回線も、賢く使ってみよう






スポンサーリンク



ディスプレイ入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク