税金の基本!源泉徴収表の住所変更は必要なの?


『 源泉徴収表の住所変更はすべきかを把握してみよう 』
( 最終更新:2012年12月 )


源泉徴収票の住所変更はすべきなの?


住所変更する必要はありません。

源泉徴収票の 「 支払いを受ける者 」 欄に記載されている住所と、現在の住所が違っていることがあります。

確定申告の際に変更すべきか疑問に思われる方もいるかもしれませんが、住所だけ違う場合は確認を求められることは少ないようです。

というのも、源泉徴収票は 退職後 1 ヶ月以内 に発行すべきものなので、退職時の住所で発行されていているのが普通だからです。

ですので、ほとんどの場合は心配せずにそのままで問題ないようです。


でも、もし確認を求められたときは、住民票の写しや免許証などの住所が確認できるものを提示しましょう。念のため申告する際は身分証を持っていくことをお勧めします。( たぶん必要ないとは思いますが )

心配な方は、あらかじめ税務署に確認を取っておくと安心です。


源泉徴収表の住所変更はすべきかについてはこんな感じです。確定申告の基本については




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


お金を賢く増やしてみよう



自動車の任意保険の重要性を理解してみよう



買い物で賢く支払いをしてみよう



パソコンとインターネットを賢く使ってみよう






スポンサーリンク