知らないと恥をかく一般常識の壁

携帯電話の基本!番号を変えず他社に乗り換える方法は?


『 ナンバーポータビリティについて理解してみよう 』


携帯電話を他社に乗り換えるときは、電話番号を変えずに そのまま同じ番号で乗り換えることができます。これを、


ナンバー・ポータビリティー


といいます。

とても便利な方法なので把握しておくと役立つと思います。

そこで、今回はこのことにつてまとめました。( 最終更新:2014年5月 )


ナンバー・ポータビリティー ってなに?


ナンバーポータ・ビリティー の正式な名前は、


携帯番号ポータビリティー ( MNP: Mobile Number Portability )


といいます。

長くて面倒な名前ですですけど、とても便利なサービスです。

このサービスは、日本国内で使用できる携帯電話間で


現在使用している電話番号を新しい番号に変更することなく、継続して使える 制度 ・ サービス のこと


です。

でも、名前からして変更するのが大変そうですし、いろいろと注意すべきことも多そうで不安に感じる方もいるかもしれません。

そこで、変更する際の注意点と、その方法について簡単に紹介します。


変更するときに注意すべきことは?


注意と言っても少ししかありません。一度読めば簡単だと わかっていただけると思います。

変更する際の注意点は、まず最初に 「 おサイフケータイ 」 などの


電子マネーの残高移行が可能なのか


を確認しましょう。

また、メールアドレスや経年割引、各種ポイント、著作権保護の絡むデータ ( ゲームや音楽など ) は引き継げないので注意しましょう。

それと、PHS の電話番号の引継ぎもできないので、こちらも注意してください。


早速乗り換えてみよう!でもどうやって?


携帯会社の転出入をする手順は、まず現キャリアから


MNP 予約番号


を取得する必要があります。

これはショップやサイト、または電話でももらうことができますが、面倒なのが嫌な人や時間のない人はサイトを利用すると便利です。

ちなみに、私は お店まで行って番号をもらってきたのですが、その店舗が混んでいなかったこともあり数分でもらえました。

番号をもらったら、有効期限内に他社に乗り換えるようにします。予約番号の有効期間は取得した日を含めて 15 日間 です。

加入手続きの際は時間が掛かることが多いので、休日など時間に余裕のある日を選ぶようにしましょう。場合によっては 4 ~ 5 時間 かかることもあります。私は、お昼過ぎに行って閉店までかかりました。。

できるだけ時間をかけないためのポイントとしては、現キャリアの利用明細を持っていくと、手続きが比較的スムーズに行われるようです。

また、お店に行く前に料金プランと端末も選んでおくと、説明される時間や迷う時間も節約できます。


プランはどう選べばいいの?


プランを選ぶ時に頭に入れておいて欲しいのは、


基本料金が高ければ、通話料とパケット代が安くなる


という点です。

なので、あまり電話を使わないのであれば、基本料金の安いものを選ぶようにすると出費を抑えることができます。

また、キャリアごとの割引サービスや、キャンペーンなども考慮に入れて選んでおくと良いかもしれません。

基本的に、


○○ 割引


といったものは定額料のかからないものが多いので、これは申し込んでおいた方が お得です。たとえば、家族割引は基本料金が半額になったり、家族間の通話が 無料 になったりします。

他にも、


年間割引


といった一定期間の契約で割引が受けられるものもあるので、当分キャリアを変更するつもりがないのであれば利用すると良いかもしれません。

一方、変更するかもしれない人は、契約期間中にキャリア変更などをすると解約料が発生するので注意が必要です。


通話 ・ メール ・ パケットし放題の定額制プランについては使用状況を見て、定額以上であれば利用した方が良いでしょう。

普段、スマートフォンからインターネットを使うことが多い人も、月のパケット通信量がどれくらいかを把握してからプランを選ぶようにすると節約できます。


それと、コンテンツやサービスも考慮しておく必要があります。

たとえば、ドコモでは楽天のオークションが利用できたり、ソフトバンクだとボタンひとつで Yahoo! を表示できたりと、各社の提携によって使えるサービスやコンテンツが変わります。

そのため、あなたが どのコンテンツを使いたいのかなども検討してから選ぶようにしましょう。


手数料はかかるの?


残念ながらかかってしまいます。

変更にかかる料金は、乗り換えるキャリアの新規手数料が 約 3,000円 くらい、年間契約割引の解約料で 約 5,000円 くらいの費用が掛かるようです。

ですが、料金やサービス内容は目まぐるしく変わるので、「 手数料は不要 」 ということもあるかもしれません。事前に各社の Web サイトで調べたり、電話で確認をしてみましょう。


変更前の手順を確認しよう


下に乗り換える際の手順をザックリとまとめます。


  1. 自分の利用傾向を把握する
  2. 使いたい機能やサービスの優先順位を付ける
  3. 各キャリアのエリア別電波状況を確認する
  4. 使いたい携帯の機種を選ぶ
  5. 各社で見積もりプラン作成してもらう
  6. 現状の料金と各社見積もりを比較
  7. 総合的に判断した上で決定する


こんな感じです。

各キャリアについては以下にまとめます。選ぶ前にそれぞれのサービスや機種などを比較してみましょう。




ちなみに、スマートフォンを使うときに持っていると便利なのが Wi-Fi ですが、あまりよくわからないという方も多いと思います。これについては




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。

ナンバー・ポータビリティについては こんな感じです。新しい携帯電話での生活を、気持ちよく始めるのに役立ててもらえたら幸いです。


月々の支払いも賢くしてみよう



お金を賢く増やしてみよう



不要なものを賢く処分してみよう



国際電話を賢くかけてみよう



引越し費用を抑えるコツ






スポンサーリンク



電話とネットの入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク