知らないと恥をかく一般常識の壁

図書館の本の透明なブックカバーは手に入る?


『 大切な本を傷や汚れから守って綺麗に使ってみよう 』


書店で本を買うとブックカバーを付けてくれますが、本棚に並べるとタイトルが見えないので困ることがあります。

カバーを付けてもタイトルが見えるようにできないものかと考えていたら、図書館の本に貼られている透明なシートを思い出しました。

図書館では、ほぼ全ての本に透明なブックカバーが使われています。

あれだとタイトルがしっかりと見えますし、表紙もいつまでも綺麗に保つことができるので便利です。

ビニールかプラスチックのような素材が使われているので、表紙を水で濡らしてしまっても困りません。お風呂で読書をしたい時も、表紙が濡れるのを防いでくれるので助かります。お風呂読書の好きな方には便利ですね。 ← 私


でも、あのカバーは誰でも買えるものなのでしょうか?

もしかしたら特注品かもしれません。


そこで今回は、図書館のカバーは手に入るのかについてまとめました。( 最終更新:2016年8月 )



図書館の本の透明なブックカバーは買えるの?


買うことはできます。

ちゃんと名前もあります。あのテープは、


カバーフィルム とか コートフィルム


という名称で呼ばれています。

表面も ツルツルタイプ や ザラザラタイプ のものがあり、売られている形も 用紙タイプ や ロールタイプ などに分かれているようです。予め文庫本やコミック本のサイズに合わせたものもあります。

使う目的は、傷や汚れなどの劣化から大切な本やノートを守りたいときに使います。

フィルムを貼って本棚に並べると表紙の質感を統一できるので、スッキリと見えて気持ちが良いです。

また、書店で付けてくれるカバーだと読書中にズレたり、端がビラビラして気になることがありますが、このカバーであればしっかりと固定されるのでストレスなく読書を楽しむことができます。

何度も読み返す本に使用すると良いかもしれませんね。


貼るのも簡単ですし、シワもできにくく、失敗してしまったときは貼り直しもできるので、初めての方でも手軽に使うことができます。

大切な本はもちろん、勉強などで使ったノート日記、地図、楽譜、写真 などを守るのにも使えます。

また、病院 や 美容院 の待合室に置くための雑誌やマンガや、保育園 や 幼稚園に用意された絵本などを保護するようにすると、表紙がボロボロにならないだけでなく、本を大切に扱っている印象も持たれるのでプラスになると思います。

掃除も簡単で、汚れたときは軽く湿らせた布で サッ と拭くことも出来るので管理も楽です。

以下に良さそうなものをいくつか紹介します。好みに合わせて選んでみると良いかもしれません。




保護できるメリットが大きい割には、値段も安いので お得感があります。

また、破れた部分を補正するテープを使うようにすると、絵本なども長く綺麗に使えるので良いかもしれません。以下のものだと使いやすいと思います。




また、カバーではありませんが、本を買うことが多くて置き場所や保管方法に困っているという方は、Amazon から出ている電子書籍の Kindle Paperwhite を使うようにすると、こうした悩みも解決できる思います。

端末も軽くて片手で簡単に持てますし、紙と同じ感覚で読めるので快適に読書が楽しめるのが特徴です。一般的な書籍であれば最大 4,000 冊まで保存でき、これらの本を簡単に持ち歩けるので いつでもどこでも手軽に好きな本を読むことができます。

スマートフォンなどを使うと数時間でバッテリーが切れてしまうこともありますが、こちらは超長寿命バッテリーを採用していて一回の充電で最長 8 週間も読書を楽しめるので、こうした悩みもありません。

この他にも便利な機能がたくさん備わっているので、確認してみるだけでも世界が大きく変わることが理解できると思います。




価格も手頃なので、一つ持っておくと何かと便利だと思います。

ちなみに、Wi-Fi については




でわかりやすくまとめましたので、こちらを参考にしてください。


図書館の本の透明なブックカバーについてはこんな感じです。

本を大切に使って長持ちさせるようにすると、愛着もわいて違った楽しみ方ができると思います。

参考にしてください。


自動車の任意保険の重要性を理解してみよう



お金について学んでみよう






スポンサーリンク



使える道具の入門 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
あなたには損をしないための最低限の知識がありますか?私は、勉強不足や経験不足から失敗したり、損をしたり、恥ずかしい思いをしたりしたことが多々あります。苦い経験を振り返ってみて気付いたことは、少しでも学んでおけばそうした経験は避けられたというシンプルなものでした。このブログでは、普段の生活の中で損をしないための情報を、できるだけわかりやすく紹介してみたいと思います。同じようなことで悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただければ幸いです。

携帯からご覧頂けます
QR
携帯でも閲覧できます。上のQRコードを読み取れば、携帯サイトに簡単アクセス!
スポンサーリンク