不眠症改善の基本!眠りやすい環境を作る方法は?


近年は、多くの人が日常生活で何らかのストレスを抱えていると思います。

そして、ストレス や 不安、緊張 などが原因で不眠症になる方も増えているようです。成人だと 10 人に 1 人は不眠症だと言われています。

現在不眠症で悩んでいる方は、なんとか抜け出したいと考えているかもしれません。

では、どうしたら改善できるのでしょう?


本当はストレスの原因となっている仕事や職場の人間関係などから 距離を置く のが一番のようですが、現実はそうはいかないですよね。

そこで、今回は現実的な対処法をいくつか紹介したいと思います。


眠れる環境を作ってみよう


不眠症を改善するためには、


眠りやすい環境を作る


ことで効果が出ることがあります。以下に環境づくりのコツをまとめます。


  • 部屋の温度 ( 20 ~ 25℃ )
  • 部屋の湿度 ( 50 ~ 70% )
  • 寝るときは部屋を真っ暗にする
  • 眠ろうと意識しない
  • 寝る前にスマートフォンやパソコンを使わない
  • 適度な食事や軽い飲酒 ( たくさん飲んではいけません )
  • 音をなくす ( 防音機能を備えた 防音カーテン も試してみる )
  • 就寝前にホットミルクや ハーブティー を飲む
  • リラックスのための軽い入浴をする ( アロマグッズ を使ってリラックス )
  • 普段から規則正しい生活をする
  • 日中の適度な運動をする


などがポイントです。




部屋は真っ暗にするよりも、オレンジ色の常夜灯をつけた方が眠れる方もいるので好みに合わせてみましょう。

私も寝付けないことが多かったのですが、毎日軽い運動をするようにしたら改善されました。

また、寝る前にスマートフォンやパソコンを出来るだけ使わずに、本を読むようにしたのも良かったのかもしれません。

自分なりにいろいろと試して、どれが効果があるのか見つけていくと良いかもしれません。


眠りやすい環境を作る方法についてはこんな感じです。

参考にしてください。


睡眠を改善してみよう



人間関係の悩みを解決してみよう






スポンサーリンク