海外生活の基本!帰国後のJury Summonsの対処方法は?


私はアメリカの大学を卒業しましたが、
在学中に運転免許を取得して
住所をそのままにして帰国してしまいました。

先日、そこに裁判所から Jury Summons(陪審員召喚状)の
手紙が届いたようです。

ちょっと戸惑ったのですが、
この場合の対応方法を学んだので紹介します。
( 最終更新:2007年3月 )


帰国後に Jury Summons の手紙が届いたらどうすればいいの?


裁判所から手紙が届いたら、
まず封を切らずに送り返すというのは避けるようにしましょう。

ID Theft や 在米中の違反の内容であれば
深刻な事態になることもあるので
自分の所に送ってもらうようにするか、
信頼できる相手なら必ず中身を確認してもらうようにしましょう。


中身を開けると、たいていの場合は


"ジュリー・デューティー"


の内容だと思います。

これは、DMV の記録から無作為に抽出して手紙を出しているので、
アメリカ市民でなくても手紙が来るようです。

ちなみに、私もアメリカ市民ではありません。


アメリカには日本のように住民票がないので、
DMV を利用して免許所持者から選出されます。
そのため、このようなことがあるようです。


CIVIC RESPONSIBILITY (市民の義務責務)


と書いてあると思いますが、
アメリカ市民でないなら出廷する必要ないので、
手紙の中の


「 アメリカ市民ではない 」


にチェックして送り返せばOK。

無視したら問題になるようなので
必ずチェックして送り返すようにしましょう。


海外生活の費用を節約してみよう



旅を快適にしてみよう






スポンサーリンク