御幣の作り方


『 御幣の作り方を丁寧に紹介しているサイトをチェック 』


知人が御幣 ( ごへい ) を必要としてたので、お店に問い合わせてみましたが売っていないようです・・・

そこで、自分で作れないものかと探してみたら、簡単に作れることがわかりました。


今回は、その方法について紹介します。


ちなみに御幣ってなに?


御幣とは、


神社などで神様をお招きするために、細長い木や竹 ( 幣串 [ へいぐし ] )に紙を切ったものを挟んだ神祭用具


のことをいいます。

紙の色は、一般的に白色のものを使うようですが、金銀の箔をした紙や 赤、青、黄色、黒 のものもあるようです。

これは昔、布帛 ( 綿とか麻布とか ) を串に挟んで奉ったのが変化して、今の御幣の形になったそうです。

御幣は、


「 神に捧げる物 」


を意味していて、社殿の奥深くに立てるそうです。

この御幣には神霊が依り憑く ( よりつく ) そうで、神前に据える鏡などと同じように装飾として置かれたり、祓いの道具として用いられます。

ちなみに、金箔で作った御幣のことを


「 金幣 」


といい、一本立て型のものと三本立て型のものがあるようです。

よく見るものでは、神主さんが御払いのときに使ったり、七五三や相撲などでも使われているとのこと。

今度みる機会があったらチェックしてみましょう。

御幣の作り方を画像付きで丁寧に紹介されているサイトがあるので、これから用意するという方はこちらのサイトを参考に作ってみると良いかもしれません。




また、この機会に日本の文化やしきたりなどについて触れてみても良いかもしれません。これまで気づかなかったことに気づくようになると、世界が少しだけ違った形に見えるようになると思います。

さまざまな本が出ているのでどれにしようか迷ってしまうかもしれませんが、個人的には以下のような書籍から読み始めてみると気軽に始められると思います。もちろん他にもたくさん出版されているので、あなたの好みに合ったテーマの本をいろいろと探してみましょう。




御幣についてはこんな感じです。参考にしてください。



お金を賢く増やしてみよう



自動車の任意保険の重要性を理解してみよう



クレジットカードを使って節約生活を始めてみよう



パソコンとインターネットを賢く使ってみよう



引越し費用を抑えるコツ




スポンサーリンク