海外留学の基本!米国のI-901(SEVIS管理費)ってなに?


( 最終更新:2007年3月 )

米国のI-901(SEVIS管理費)とは?


アメリカの学校に留学する際に必要となるのが SEVIS です。今回はこのSEVISの手続きについて紹介したいと思います。

学生ビザの申請をする際には、


I-901(SEVIS管理費)


の支払い義務が生じます。

I-901は、米国の US Immigration and Customs Enforcement で支払いを行い、米国大使館で面接を行う際に領収書を持って行かなければいけません。

支払を行う際には、入学許可を得た学校からもらったI-20に記載されている School Code(学校番号)と SEVIS ID Number (Nから始まる番号)が必要になります。

そのため、SEVIS支払の手続きは留学先の学校が決まってI-20を発行してもらった後に行う作業となります。


支払い後、もしビザが下りなかったときは、12ヶ月以内にビザの再申請をすればI-901の再度支払い義務は生じません。

しかし、新しく学生ビザの申請をしない場合でも、I-901を支払わなければいけないことがあるので注意しましょう。

ちなみに、支払わなければならないのは以下のような場合です。


  • ビザ保持者の学生で5ヶ月以上アメリカ国外に滞在していた場合
  • ステータス失効から5ヶ月経ち、Reinstatement (ステータスの再発行)の手続きをする場合
  • ビザの変更をする場合


SEVISやI-901の詳細については、入学予定の学校にいる留学アドバイザーに相談しましょう。


海外生活の費用を節約してみよう



旅を快適にしてみよう






スポンサーリンク